InverseFinanceが初めてのDeFiプロトコル合併の可能性でTonicFinanceを買収

可能性のある分散型ファイナンス(DeFi)で、Inverse Financeのガバナンスは本日、TonicをInverseの傘下に置く160万ドルの取引でTonicFinanceを買収する提案を承認しました。

4月初旬の「数週間の交渉」の後に最初に浮かんだのは、インバースファイナンスDAOのメンバーが昨日投票を開始したことです。 提案 Tonicを買収し、そのソロ開発者であるTonySnarkを雇う。

提案はすぐに4000トークンの承認マークを超え、今日の時点で、特に反対票を1つも持たずに合格する予定です。

その結果、Snarkはすぐに250 INV(Inverseのネイティブガバナンストークン)を受け取り、「フルタイムの貢献者になる」とさらに250 INVを受け取り、さらに2年間で1000INVを受け取るように設定されています。 ドルコスト平均法の保管庫(Inverseの最初の製品の競合製品)を構築したTonicは、引き続きInverseの傘下で運用されます。

「Tonyはフルタイムの開発者としてInverseに参加し、イールドボールトと買収したTonic FinanceSwirlボールトの両方を含むInverseDCA製品ラインナップ全体をリードします」とInverseFinanceの創設者であるNourHaridy氏は述べています。

ありましたが DeFiでの合併についてのいくつかの話と憶測、実際の牽引力はほとんどありませんでした。 最も近い例は、Yearn.Financeからの昨年の一連の「合併」でしたが、これらの買収の性質はやや混乱しています。

Cointelegraphとのインタビューで、CREAMFinanceのLeoChengはそれをからかった 最終的にはYFIエコシステムメタトークンが存在する可能性があります、しかし現時点では、関係は個々のプロジェクトに焦点を当てたゆるい、支援的な集団に近づいています。

対照的に、Inverse / Tonicの合併は、技術者と開発者の両方が参加する従来の金融の世界で見られるものにはるかに近いものです。 これは、Tonicのガバナンストークンがまだ配布されておらず、Snarkと直接交渉を行うことができたという事実によって部分的に助けられました。

「ガバナンストークンは、トークンの供給全体を市場で購入することができないため、買収をはるかに複雑にするでしょう」とハリディはコインテレグラフに語った。 「ガバナンストークンの購入をスキップすると、トークンは役に立たなくなります。 ただし、ガバナンストークンを使用してプロジェクトを取得するためのより良い方法を検討する価値があると思います。」

DCAボールトに取り組んでいるフルタイムの貢献者は、Haridyがより多くの時間を費やせるようになったことを意味します アンカー、Inverseの合成stablecoinプロトコル。 この拡張は、Inverseを本格的なDeFiエコシステムに変えるための一歩となる可能性があります 1インチまたはSushiswapの型で、どちらも現在複数のサービスを提供しています。

「私たちは、各製品をInverseブランドから切り離すことに向かっています。 既存のDCAボールトは、貸付商品がアンカーとしてブランド化されているのと同様に、トニックの下でブランド化される可能性があります。 どちらも、独自のコア開発者、マーケティング、ドメイン、コミュニティなどを傘下に置き、InverseDAOの資金提供を受けている可能性があります」とHaridy氏は述べています。

Haridyは、Inverseが道を開いた後、DAOベースのM&A活動が増えることを期待しており、Inverse自体がさらなる買収を受け入れる可能性があると付け加えました。

「ここでの私たちの仕事が、公開されるのではなく、DAOと統合するプロジェクトの新しい前例となることを願っています。 今後もM&Aの機会を増やす予定です。 また、どの段階でも、新しいDeFiプロジェクトと話し合うことができます。」