IOTAのFireflyへの移行は4月21日に開始され、包括的なガイドがリリースされました


アイテム画像

ウラディスラフ・ソポフ

IOTA Foundationは、Trinityウォレットから新しいFireflyへの移行の開始に近づいています。 IOTA保有者が知っておくべきことは次のとおりです

内容

IOTA Foundationは、2021年4月28日に、過去数年間で最も重要なアップグレードであるChrysalisをアクティブにします。トークンの新しいウォレット環境Fireflyへの移行は、来週の水曜日に開始されます。

蛹前の移行は2021年4月21日に始まります

何よりもまず、IOTA Foundation 保証します 移行期間中または4月28日以降にトークンを移動できるユーザー。 急ぐ必要はありません。 一方、Ledger Nanoハードウェアウォレットにトークンを保存するIOTAの所有者は、数週間待つ必要があります。バイナリと移行の手順がまもなく発行されます。

IOTAFoundationがFireflyへの移行の詳細を説明しています
経由の画像 ツイッター

また、IOTAの保有量が少なく、実際の価格が1 IOTAまたは2.30ドル未満のアカウントは、資金をChrysalisに移動できないため、所有者は重要なイベントの前にコインを蓄積する必要があります。

移行の2つの主なシナリオには、テキストバックアップとバックアップファイル(小さな.kdbxファイル)を介したウォレットのインポートが含まれます。 テキストバックアップを介して資金を移動するには、シードフレーズの81文字をTrinityの特別なフィールドに入力する必要があります。 リカバリファイルを使用する場合は、アップロードする必要があります。

アカウントがインポートされたら、IOTA所有者は設定を確認し、新しいFireflyウォレットのセキュリティ設定をカスタマイズする必要があります。

痛みのない移行の一般的なシナリオ

IOTAの担当者は、移行のプロセス全体が自動化されていることを強調しました。そのため、トークン所有者は指示に従って、乗り心地を楽しむ必要があります。

重い物を持ち上げるのはFireflyウォレットによって完全に自動化されており、トークンホルダーはシンプルなインターフェースによってガイドされます。

ウォレットがFireflyで公開されたら、ユーザーはトークンの残高を確認し、トークンにアクセスするための新しいパスワードとPINを作成する必要があります。 次に、IOTAのネイティブワンストップデータセキュリティソリューションの鍵となる、新しいリカバリフレーズとStrongholdシードを作成します。

残りの手順は自動化されています。パスワードとシードおよびバックアップファイルが作成されると、ユーザーは移行を開始するだけで済みます。

以前にU.Todayで取り上げたように、IOTA Foundationは、トランザクションのセキュリティ、速度、dAppのパフォーマンスの観点からChrysalisの見通しを高く評価しています。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ