JPMorgan、DBS、およびTemasekは、国境を越えた支払いを改善するための新しいブロックチェーン会社を設立しました

銀行大手のJPモルガンとDBSは、シンガポールの国家投資家であるテマセクとともに、国境を越えた支払いを改善するための新しいブロックチェーン会社を設立しました。

吹き替えパーティ、同社は、ブロックチェーンテクノロジーを通じて、支払い、貿易、外国為替決済の問題点や摩擦を解決することを目指しています。

Partiorは、「情報と価値が24時間年中無休で摩擦のない方法で世界中の人々の手を変えることができるブロックチェーンベースのホールセールペイメントインフラストラクチャ」を開発するだろうと、JPモルガンのホールセールペイメントのグローバル責任者であるTakisGeorgakopoulosは述べています。

インフラストラクチャが完成すると、金融機関と開発者は、外国為替支払いと支払い、配信と支払い、ピアツーピアエスクローなどのユースケースをサポートするアプリケーションを共同で作成できるようになります。

Partiorは当初、シンガポールドルと米ドルの両方でシンガポールを拠点とする銀行間の支払いを促進することに焦点を当てます。 その後、他の市場やさまざまな通貨での提供を拡大する予定です。 中央銀行のデジタル通貨(CBDC)のユースケースも将来的にサポートされると3社は述べています。

JPMorgan、DBS、およびTemasekは以前に取り組んできました プロジェクトウビン、 複数通貨の支払いと決済におけるブロックチェーンテクノロジーの適用を模索したシンガポール中央銀行のイニシアチブ。

現在、規制当局の承認が必要なPartiorの運営を通じて、3社は「新しいデジタル時代における銀行間の価値の動きを変革する」ことを目指しています。

シンガポール金融管理局のチーフフィンテックオフィサーであるSopnenduMohantyは、次のように述べています。 「Partiorは、信頼できる環境でデジタル通貨と取引するための基盤となるグローバルインフラストラクチャを提供するための先駆的なステップであり、ブロックチェーンエコシステムの幅広いユースケースに拍車をかけています。」