JPMorganとDBSがブロックチェーンの国境を越えた決済プラットフォームを立ち上げる

アメリカの大手投資銀行JPモルガンは、シンガポール最大の銀行であるDBSおよび州の投資会社であるテマセクと協力して、グローバルな支払いと銀行間取引に焦点を当てた新しいブロックチェーン会社を立ち上げています。

Partiorと呼ばれるこの新会社は、ブロックチェーンテクノロジーを使用し、商業銀行の資金をデジタル化して、国境を越えた支払い、貿易取引、外国為替決済における既存の摩擦を軽減します。

このような機能により、さまざまな種類の取引の支払いを即座に決済できるようになり、銀行が現在の金融システムであるJPモルガンにおけるグローバルな支払い関連の課題を克服するのに役立ちます。 前記 水曜日の発表で。

新しいプラットフォームは、ブロックチェーンベースの多通貨決済イニシアチブであるProject Ubinの一部として、JPモルガンとテマセクの過去の仕事に基づいて構築されています シンガポール金融管理局によって開始されました Partiorのプラットフォームは、主にシンガポールを拠点とする銀行間の米ドルとシンガポールドルの両方でのフローの促進に重点を置いて開始され、さまざまな通貨で他の市場にサービスを提供することを目的としています。

このプラットフォームは、進行中の中央銀行のデジタル通貨プロジェクトとユースケースを補完することを目的としています。 MASのチーフフィンテックオフィサーであるSopnenduMohantyは、Partiorがデジタル通貨と取引するための基本的なグローバルインフラストラクチャを提供すると述べました。 「Partiorの立ち上げは、デジタル通貨にとって世界的な分水嶺の瞬間であり、パイロットと実験から商業化とライブ採用への移行を示しています」と彼は言いました。

DBSCEOのPiyushGuptaは、ブロックチェーンテクノロジーとスマートコントラクトにより、Partiorが「プログラム可能性、不変性、トレーサビリティを備えた、ワールドクラスのプラットフォームでのリアルタイムの国境を越えた多通貨決済、貿易金融、外国為替、DVP証券決済をサポートできるようになる」と述べました。一連のサービスに組み込まれています。」

3人のPartiorプロジェクト参加者全員が、暗号通貨業界への関与を強化しています。 2020年後半、 DBSは暗号交換部門を設立しました DBSデジタル取引所と呼ばれ、投資家がビットコイン(BTC)、エーテル(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)および XRP

伝えられるところによるとJPモルガン 開始しました 4月にイーサリアム開発者を雇う。 同社はまた、積極的に管理されているビットコインファンドを立ち上げる準備をしていると噂されています。 3月に報告されたように、テマセク 伝えられるところではビットコイン投資家です

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ