KNCトークン移行ガイド. KIP-6では、KyberチームがKyber Network… | by Kyber Network JP | Apr, 2021

カイバーネットワークJP

KIP-6では、KyberチームがKyber Network Crystal(KNC)のアップグレードと移行を提案し、KNCをより柔軟なものにして、KyberDAOのガバナンス力を増幅させることを目指しました。KyberDAOコミュニティは、99.89%という大多数の賛成票により、この提案を強く支持しました。
今回の投票結果を受けて、移行作業は4月20日(火)日本時間午後10時から開始されています。

混乱を避けるため、旧トークンはKNC Legacy (KNCL)と表示し、新トークンはオリジナルのティッカーKNCを維持します。KNC は引き続き ERC-20 トークンです。トークンをどこかに送信する前に、必ず確認してください。

ウォレット、Dapps、取引所、staking pool、CoinGeckoやCoinmarketcapのようなデータサイトには、(技術的な)KNCの移行手順を提供し、ティッカーシンボルの変更と移行をサポートします。ただし、このプロセスはすぐには行われず、KNCLトークンとKNCトークンの両方が並行して稼働する移行期間が設けられます

この移行プロセスには明確な期限はなく、現時点ではオープンエンドとなっています。つまり、新しいKNCトークンへの変換を急ぐ必要はありません。しかし、KyberDAOの最新版でのステークやカイバーDMMでの流動性の追加などのためには新KNCトークンが必要になるため、できるだけ早く新しいKNCトークンに移行することをお勧めします。

Metamask、Krystal、Ledger、Trezor、Keystoreなどの自己管理型ウォレットで自分のトークンを管理しているKNC保有者は、kyber.org/migrateの移行ポータルを介して新しいKNCトークンに変換することができます。

🚨 重要:取引所が新KNCトークンのサポートを提供していない限り、絶対に新KNCトークンを取引所に送金しないでください。資金の損失につながる可能性があります。

移行は非常に簡単で、手順は以下に記載されています。

kyber.org では、あなたが秘密鍵を管理しているウォレットからKNCを移行することができます。

あなたの旧KNCが、秘密鍵を自身で管理しない別のプラットフォーム(例:中央集権的取引所、Dapps、staking pools)に保管されている場合は、まずあなたの旧KNCをウォレットに引き出すか、新KNCへの移行方法についての彼らの特定の指示に従う必要があります。

新KNCへ移行しましょう

  1. デスクトップやDAppブラウザのあるウォレット(e.g. Trust, imToken, Enjin)から、 kyber.org
  2. メニューバーの ‘Migrate’ をクリック
  3. Ethereum wallet (e.g. Metamask, Ledger, Trezor, WalletConnect, Keystore) をつなぐ

4. ‘Migrate’ をクリック

5. ‘approve’ が求められればapproveする

6. UIとウォレットでMigrationの取引を確認します。イーサリアムでの取引なので、ガスが必要です。

7. ‘Done’ をクリック

トランザクションが承認されれば、新KNCをウォレットに受け取ることができます。

チュートリアルビデオ

Metamaskで新KNC残高を確認する方法

集権的取引所はKNC移行をどうするのか?

私たちは、Binanceをはじめとするさまざまな取引所に、移行プロセスを案内するために話をしています。各取引所は独自の指示で異なる方法で移行を行うと思われますが、Kyber側では各取引所のプロセスを管理することはできません。詳細については、各取引所に直接ご確認ください。

ご自身で移行を行いたい場合は、取引所からイーサリアムウォレットにKNCを出金し、移行ポータルを使ってトークンを自分で移行してください。

🚨 重要:取引所が新KNCトークンのサポートを提供していない限り、絶対に新KNCトークンを取引所に送金しないでください。資金の損失につながる可能性があります。

移行に期限はありますか?

この移行プロセスは日本時間、4月20日(火)pm10時に開始されますが、現時点では期限はありません。つまり、最新バージョンのKyberDAOでステークしたい場合を除き、新しいKNCトークンへの移行を急ぐ必要はありません。将来的にはKyberコミュニティがデッドラインを提案し、投票する可能性もあります。

KyberDAOでは、どちらのKNCをステークできるのか? 旧KNC, 新KNC, どちらで投票すればよいですか?

KyberDAOはKIP-7の承認を受け、v1からv2への移行を行っています。

KyberDAO v1(legacy.kyber.org)で旧KNCをステークしている場合は、KyberDAO v2(kyber.org)の新KNCに移行する前に、まずウォレットに引き出してください。

この移行をサポートするために、4月20日から27日までの7日間はエポック0と呼ばれる猶予期間となり、この期間中は投票キャンペーンは行われません

エポック0期間中に新しいKNCトークンに移行した方は、すぐにKyberDAO v2(kyber.org)で新しいKNCのステーキングを開始することができます。エポック0でKyberDAO v2にKNCをステークすることで、4月28日から始まるエポック1での投票権を得ることができます。

KyberDAO v2は今後のすべてのガバナンス運営に使用され、KyberDAO v2のステークは新しいKNCトークンのみをサポートします。KyberDAO v2のスマートコントラクトはHackenによる監査を受けており、そのレポートはこちらからご覧いただけます。

KyberDAO v1 はどうなりますか?未請求の ETH 報酬は?

KyberDAO v1(legacy.kyber.org) は旧KNC引き出しとETH報酬クレームを引き続きサポートします。しかしもう投票は行われません。もちろん、新KNCをステークすることもできません。

KNCレガシー(KNCL)およびKNCトークンのロゴ

取引所やプラットフォームサービスが、新KNCトークンにアップグレードしていない場合や、トークンのティッカーシンボルやロゴを変更していない場合があります。ご注意ください。

他のプラットフォームを利用する際には、トークンのコントラクトアドレスを常に再確認し、正しいコントラクトを利用していることを確認してください。

取引所がすでに新しいKNCをサポートしている場合を除き、絶対に新KNCトークンを取引所に送らないようにしてください。
ご不明な点がありましたら、不和KyberDAOのTwitterをチェックしてください。最新情報をお届けします。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts