Kyber エコシステムレポート#24 (2021年2月) – Kyber Network

カイバーネットワークJP

Kyberiansの皆さんこんにちは!

現在、Kyber 3.0の開発は本格化しており、チームはアップグレードの重要コンポーネントに取り組んでいます。その一つがKNCトークンのアップグレードで、これによりKyberネットワークの成長に果たす役割が大幅に拡大します。

以下により詳しい詳細を書きます。

もう一つの重要な要素は、ダイナミックマーケットメーカー(DMM)です。チームは最近、DMMホワイトペーパーを発表し、この新しいモデルが可変手数料と事前定義された増幅係数を組み合わせて、最適化された資本効率の高いマーケットメイキングについて説明しています。既存のAMMを革新するこのモデルは、impermanent lossを緩和し、LPの収益性を向上させます。

KatanaとKaizenというKyber 3.0の2つの主要フェーズを実現するために、今後数ヶ月はKyber 3.0の開発に集中します。

提案: github
KyberDAO 投票: kyber.org

新しいKNCの移行案は、トークンに柔軟性を持たせ、より効率的にアップグレードできるようにすること、KyberDAOがKNCを使って様々なイニシアチブを取りやすくすることです。

現在のKNCトークンコントラクトはアップグレードできず、KyberDAOにも統合されていません。したがって供給量が固定されています。この固定供給の特性は、KNCをデフレ資産にする一方、資金調達の機会を逃してきたことを意味しています。しかし供給量に弾力性のある他のDeFiプロジェクトは、取引や取引量を大幅に増やすために効果施策を打っており、これがトークンの評価にも反映されています。

もちろん、KNCモデルの変更は重大事項です。そのため、この数ヶ月間、すべての関係者と長時間にわたって話し合い、そのような変更の影響を分析してきました。KNC移行案は現在、イーサリアムDAOの中で最もコメント数の多いディスカッション案となっており、Kyberコミュニティの高い関与と情熱をよく表しています。私たちは、弾力的な供給によって賄われる新しいイニシアチブによるKNCの価値獲得が、わずかに増加した供給による希釈効果をはるかに上回ると強く信じており、すべてのKNCステーカーに、ここで適切と思われる提案への賛否を投票するよう呼びかけています。

新しいDMMがAMM空間にもたらすイノベーションについて、Loiの最近のツイートスレッドをご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。一言で言えば、新しいDMMの主な価値提案は以下の通りです。

この新しいDMMが、ダイナミック・マーケットメイキングのさらなる革新のためのきっかけとなることを期待しています。DeFiでは1日の取引量が数十億ドルにのぼるため、マーケットメークの効率が上がれば、ステークホルダーにとって大きな節約になり、DMMはこのツールキットの重要な一部となるでしょう。

https://files.kyber.network/DMM-Feb21.pdf

Kyber 3.0、KNC、DMM、そしてKyberDAOに関する最新情報は、第3回KyberDAOコミュニティコールをご覧いただくか、こちらのまとめブログをご覧ください。DeFiDude(@DeFiDude)がホストを務めたこのコールでは、以下のような内容が語られました。

EIP-1559への全面的な支持を表明したいと思います。この提案は、ユーザーが取引を行う際に取引手数料をはるかに予測しやすくすることで、過剰な支払いを減らすことを目的としています。また、マイナーのMEVに関連するリスクを減らし、他にも多くの改善をもたらすものです。この提案は、今年の夏に予定されているEthereum Londonのアップグレードに含まれることが最近確認されており(一方、Berlin Updateは4月に公開されます)、このアップグレードの展開に抵抗を示す一部のマイナーに対抗して、多くのチームがこの提案への支持を表明しています。

2月の取引量は、1月の大ヒットには及ばなかったものの、5億ドルを超え、カイバーの取引量としては2番目に多い月となりました。

2月のDAPの統合ボリュームは、1月に比べて若干減少しましたが、過去6ヶ月間と比較して比較的高いレベルを維持しています。

ほとんどのリザーブは数量が減少しましたが、プロのマーケットメーカーは引き続きリザーブテーブルの上位を独占しています。

いつもどおり、取引高の多くはステーブルコインペアに対して行われており、これらはKyber Networkの取引の半分弱を占めています。

先月、xKNCを通じてKyberDAOに参加したKNC保有者にXTKがエアドロップされたことと、FuseSwapでKNC/USDCの流動性を提供するLPに対して50,000 FUSEトークンの報酬が開始されたことで、KNC保有者は二重の喜びを味わうことになりました。KNC保有者は、KyberDAOでのステイク、LPファーミング、レンディングにより、保有するKNCの利回りを高める複数の方法がもたらされました。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ