LongHash Venturesが7番目のブロックチェーンアクセラレータコホートを開きます:LongHashX

LongHash Venturesは本日、7番目のブロックチェーンアクセラレーターのアプリケーションを公開すると発表しました。 LongHashX アプリケーションは2021年8月9日に終了します。

このコホートは2つのトラックに分割されます。

  1. アジアDeFiネットワークによって有効化されたDeFiトラック。
  2. ProtocolLabsと提携したFilecoinFrontierAcceleratorトラック。

どちらのトラックも、今年前半のLongHashの経験と成功に基づいています。 Asia DeFi Networkのパイオニアコホートでは、Balancer、Acala Network、Instadapp、およびZapperと協力しました。

また、Filecoin Frontier Acceleratorの初版では、LongHashは、Curio Digital、Myel、Huddle01を含む11の初期段階のプロジェクトで、3か月以内に1900万ドル以上を調達するのに役立ちました。

LongHashXと以前のコホートの主な違いは、プログラムのシラバスです。 LongHashは、戦略策定や市場開拓戦略などの「ビジネス」要素に焦点を当てるのではなく、完全にWeb3ネイティブになります。

LongHashXプログラムが焦点を当てる6つのトピックは次のとおりです。

  1. 製品戦略とデザイン
  2. トケノミクス
  3. ガバナンス
  4. テクニカルメンターシップ
  5. コミュニティ構築
  6. 募金

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ