Maker Foundationは、地方分権化への道の中で開発資金をDAOに返します

MakerDAO Foundationは、開発基金からMakerDAOのガバナンスモジュールに84,000のMKRトークンを返し、プロジェクトのマイルストーンをマークしました。 地方分権化への道

5月3日のブログ投稿で、財団は、返されたトークンに関してMakerDAOに「条件や期待はない」と述べており、MakerGovernanceが完全に制御できるようになりました。 トークン

発表は、開発の復活と最近の技術の完了とともに Makerの清算エンジンへの貢献 そしてそのDAOのコアユニットフレームワークである財団は、プロトコルをさらに分散化するために、独自の解散に向けた取り組みに焦点を当てます。

「財団は現在、その解散のみに焦点を当てるために内向きになっています。」

廃止への移行を管理および資金調達するために、Maker FoundationはMKRの供給の1%未満しか保持していません。 財団は2021年12月31日までに解散することを目指しています。財団は解散が完了するまで進捗報告書を発行し続けます。

同日、MakerDAOは、清算2.0フレームワークの対象となるボールトを拡張するかどうかを決定するためのガバナンス調査の開始を発表しました。 承認された場合、更新された清算エンジンは、MakerのUniswap、0x、Basic Attention Token、Loopring、Compound、Balancer、Kyber Network、Decentraland、Aave、およびrenBTCボールトに使用されます。

ガバナンスの投票に合格した場合、執行投票は投票から30日以内にアップグレードを完了することが期待されます。

更新されたメカニズムは、2020年3月の間にMakerDAOの担保が不足する結果となった積極的なカスケード清算から保護するために、プロトコルによって実行される清算に、より大きな予測可能性と安定性をもたらすことを目指しています。ブラックサーズデイ」クラッシュ。 プロジェクト ガバナンスの分散化に移行 ブラックスワンイベント後の数週間で。

DeFi Llamaによると、MakerDAOは現在、AaveとPancakeSwapに次ぐ3番目に大きなDeFiプロトコルとしてランク付けされており、総額97.5億ドルがロックされています。