NFTアーティストUlissePoggioniへのインタビュー

イタリアのクリプトアートとの2番目の予定は、UlissePoggioniのMoICAに含まれるi-phinkプロジェクトでピンクがかっています。
1985年に生まれたユリシーズは、アレッツォ州のトスカーナのアペニン山脈の斜面にある小さな町、ロロ・チュッフェンで生まれ育ちました。
2004年に彼はラサピエンツァ大学で芸術と舞台科学を学ぶためにローマに移りました。 卒業後、他の3つのパートナーと共にクリエイティブエージェンシーNECOSを設立し、現在もクリエイティブディレクターを務めています。 多面的な専門家である彼は、コミュニケーションと舞台芸術の分野のさまざまな側面を研究し、全体的なビジョンを継続的に模索してきました。 彼は、ミュージカルWebショーKahbum、タオルミーナ映画祭での批評賞、MEIでの最高のYouTubeチャンネルを考案し、監督しました。
2021年に彼はPhinkプロジェクトでクリプトアートの世界への旅を始めました。
Phinkはcryptoartプロジェクトです。

49の独立した作品が、i-phink.comのWebサイトに表示される単一の象徴的な構成を形成しています。
ユリシーズとのライブインタビューの予定は、明日午後9時30分にTelegram Italian Crypto Clubチャットで、金曜日の午後4時30分にTheNemesisでビデオで行われます。
金曜日には、Foundationで販売されている「Tothe moon」というタイトルの作品が、TheNemesisの仮想ギャラリーで発表されます。 生放送中にアーティストに質問することが可能になります。

Intervista all’artista NFT Ulisse Poggioniの投稿は、TheCryptonomistに最初に登場しました。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ