NFTインベストメンツはロンドン上場を通じて3500万ポンドを調達

非代替トークン(NFT)投資に特化した最近設立された投資ビークルは、ロンドンのアクイス証券取引所成長市場に上場することにより、費用前に3,500万ポンドを調達しました。

NFTインベストメンツは当初 1,000万ポンドの調達を目標は、金額が大きいほど、アクイス証券取引所(AQSE)で調達された最大額の記録を樹立すると主張しています。 この引き上げにより、同社の時価総額は5,000万ポンドになり、4月の初めに求めていた評価額の2倍になります。

「暗号通貨セクターがこれまでに示したように、NFTの広大な成長の可能性に対する私たちの信念を共有する幅広い機関投資家および個人投資家から強い関心を得ることができて非常に嬉しく思います。 NFTインベストメンツのエグゼクティブチェアマンであるジョナサンビクスビーは、次のように述べています。

同社の株式は4月16日にAQSEで取引を開始します。

今年3月3日に設立されたNFTInvestmentsは、ロンドンに上場している10億ドル以上の暗号通貨マイニング会社であるArgoBlockchainの共同創設者によって立ち上げられました。

現在、NFTの時流に乗って、Bixbyは最近のインタビューでThe Blockに、NFTInvestmentsは宇宙への投資に3つのアプローチをとると語った。

その資金の3分の1は、ゲームおよびアートセクターからのNFTの購入、販売、および保管に費やされます。 3分の1は、DapperLabsやRaribleなどのインフラストラクチャ企業に投資されます。 最後の3分の1は、有名人のNFTにリンクされたデジタル権利の取得に費やされました。

関連資料