NYC Comptrollerの候補者は、暗号固有のプラットフォームを持っています

市の会計監査人候補者であるレシュマ・パテルは本日、市の年金基金の一部を暗号通貨に割り当てるよう求めるなど、彼女のプラットフォームに暗号通貨固有の側面を明らかにしました。

市の会計監査人の事務所は、今年、COVID-19パンデミックの財政的回復を支援するために特別な圧力を受ける可能性があります。 The Blockとのインタビューで、Patelは、市の長期的な財政状態を懸念しているため、今年1月に実行することを決定したと述べました。

「COVID-19パンデミックによる経済的影響から抜け出すために、私たちが正しい方向に向けられていることを確認したい」と彼女は述べた。 「私は物事を行うための新しい方法について考え始めました。その1つは、市政府の透明性と効率性を高める必要があるということです。」

会計監査人は、特にプロジェクトの政府契約を管理し、市の退職基金を投資することにより、市がどのように資金を配分するかを監督します。 パテルが選出された場合、候補者の計画に従って、暗号通貨とブロックチェーンが現在の回復と将来の計画に役割を果たし、市の5つの退職基金のそれぞれの1〜3パーセントが暗号通貨に投資されます。

「現在および将来にわたるインフレの恐れは有効であり、それがテスラやスクエアのような世界で最も先進的な企業のいくつかがビットコインに総現金準備の一部を投資した理由です」とパテルの計画は述べています。 「暗号通貨には財務の未来があり、ニューヨーク市の財務計画にも未来があるはずです。」

彼女はまた、「ブロックチェーン固有の」ファンドへの投資も計画しています。 彼女は、市がブロックチェーン技術にもっと直接的に投資する方法を検討するためにタスクフォースを召集することを計画しています。 Patelのプラットフォームによれば、これは2つの目的を果たします。「この最先端のテクノロジーがニューヨーク市の住民にどのように役立つかを学びながら、収益の向上を図り、ニューヨーク市を拠点とするフィンテックの新興企業をサポートする」。

そのため、Patelは、暗号通貨にいくらかの資金を割り当てることに加えて、調達システムでブロックチェーンを使用したいと考えています。これは、オフィスが都市プロジェクトの政府契約を授与および支払う方法です。

現在、パテル氏によると、会計監査役の事務所には契約を締結するための30日間の期限がありますが、他の支援機関には同じ時間制限はありません。 これは、オフィスがプロジェクトを実行するために必要な資金を長期間受け取っていない状況につながる可能性があり、サービスを提供する人々に支払うためにローンを組むことを余儀なくされる可能性があります。

「特に昨年のように募金活動ができず、資金も少なかった年には、契約が処理されるのを待たなければならない状況はさらに厳しかった」と彼女は語った。

彼女によると、ブロックチェーンを使用することで、複数の機関のコラボレーションに必要な透明性とスピードを生み出すことができます。 パテル氏は、地方債の発行者のファイナンシャルアドバイザーとして働いて以来、これらの問題点を直接目にしたと述べました。つまり、彼女は会計監査役の事務所で十分な時間を過ごし、そこで新しいスタッフを訓練することさえしました。 現在のシステムは市を傷つけますが、仕事を始めるのをいつも待つ余裕がないため、多くの中小企業が市と取引することを制限しています。

Patelはこれをスタートアップを直接サポートする方法と見なしているが、間接的な方法も検討していると述べた。 会計監査人の主な目的は年金基金への投資ですが、それでも影響力のある市役所です。 Patelは、その影響力を利用して、ニューヨーク市を暗号通貨の新興企業にとってより魅力的な場所にすることを計画していると述べました。 彼女は、新興の暗号通貨会社との会話の中で、会計監査役のオフィスの仕事が規制環境から分離されているにもかかわらず、継続的な会話のポイントがBitLicenseフレームワークの再検討を提唱するようになったと述べました。

現在の市の会計監査人スコット・ストリンガーは今年任期を終え、ニューヨーク市長の候補者としての支持を強化するために過去数ヶ月を使用してきました。 彼の競争相手の中には、暗号通貨に優しい元大統領候補のアンドリュー・ヤンがいます。暗号のハブ」 選出された場合。 ヤンはまだ市の特定の暗号アジェンダを概説していません。

市長と会計監査役の予備選挙は6月22日に行われます。

©2021The Block Crypto、Inc。無断複写・転載を禁じます。 この記事は情報提供のみを目的としています。 法律、税務、投資、財務、またはその他のアドバイスとして提供または使用することを意図したものではありません。