SECはリップルの外国のビジネスパートナーを追いかけます


アイテム画像

Alex Dovbnya

SECはリップルの外国のビジネスパートナーからの文書を求めています

4月16日レターモーション リップルCEOのブラッドガーリングハウスと共同創設者のクリスラーセンを代表する弁護士であるサラネットバーン判事に、米国証券取引委員会は、発見プロセス中に外国の証券規制当局に少なくとも11の覚書(MOU)を要求し、海外事業体。

彼らは、エージェンシーがリップルの米国以外のパートナーを脅迫して、困惑した会社との関係を断ち切ろうとしていると主張している。

SECが間違いなく認識しているように(そしておそらくこれがSECの目的です)、地元の規制当局を巻き込み、それらの規制当局の強制的なプロセスを呼び出そうとすることは不適切であるだけでなく、それらのエンティティがリップルと取引をします。

弁護側は、SECが管轄外で発見を行うことを防ぐよう裁判所に求めており、この問題に関する非公式の会議を要求しています。

さらに、リップルは、規制当局が外国のカウンターパートとのコミュニケーションを完全に行うことを拒否したことにより、連邦規則に違反していると非難しています。

Rippleには20の新しいパートナーがいます

ガーリングハウスによると、リップルの顧客の約95%は米国出身ではありません。サンフランシスコを拠点とする会社は、 20のパートナーシップ 金融機関と 世界中に リップルがSECに慣らされて以来。

しかし、米国では運が悪かった。先月、ダラスを拠点とするMoneyGramは、法的な窮状のため、分散型元帳テクノロジープロバイダーとの関係を永久に断ち切ることを決定した。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts