SEC報告会社になるためにビットワイズファイルによって運営されている暗号インデックスファンド

暗号通貨に焦点を当てた投資会社であるBitwiseAsset Managementは、米国証券取引委員会に提出書類を提出しました。承認された場合、その主要ファンドはSEC報告会社になります。

ファイリング 金曜日に公開されたBitwise10 Crypto Index Fundについては、次のように述べています。[o]この登録届出書が有効であるとみなされるため、トラストは取引所法に基づく規則13Aの要件の対象となり、フォーム10-Kで年次報告書、フォーム10-Qで四半期報告書、および現在の報告書を提出する必要があります。フォーム8-K、および取引所法のセクション12(g)に従って登録届出書を提出する発行者に適用される取引所法の他のすべての義務を遵守するため。」

現在まで、暗号空間には2つのSEC報告会社しかありません。GrayscaleのBitcoinTrustとそのEthereumTrustで、どちらも2020年に承認されました。

ビット単位で述べたように プレスリリース 今朝、SECからのうなずきは、それを「SECによって報告会社のステータスを獲得した最初のインデックスベースの暗号投資手段」にするでしょう。

同社はさらに次のように述べています。

「さらに、登録届出書が発効した場合、私募株式の法定保有期間が規則144に基づいて12か月から6か月に短縮されるため、トラストの私募株式を購入した認定投資家は、より早い流動性の機会を得ることになります。改正された1933年証券法(「証券法」)の

今年の初めから、ビットワイズはファンドを設立するために動きました 分散型ファイナンスに焦点を当てた。 そして2月上旬に、それは作成するために提出しました 上場投資信託 以前に報告されたように、「暗号資産と分散型元帳技術を扱う経済のセグメントにおけるサービスと取引」を追跡するため。

関連資料