ShapeShiftは、そのWebプラットフォームで分散型取引所取引を開始します»CryptoNinjas

非カストディアル暗号通貨交換プラットフォームであるShapeShiftは本日、WebプラットフォームでのTHORChainおよびEthereumベースのDEX取引を介したクロスチェーンスワップを可能にしたことを発表しました。

これらの機能は以前は ShapeShiftのモバイルアプリで利用可能になりました、そして今やウェブベースの機能は、ETHとERC-20DEXの取引をさまざまなハードウェアウォレットに開放します。 KeepKeyなど、Trezor、およびLedger(PortisおよびShapeShiftネイティブソフトウェアウォレットに加えて)に加えて、KeepKeyハードウェアウォレットおよびShapeShiftネイティブソフトウェアウォレットでのTHORChain取引が可能になります。

同社はまた、USDTトークンとSUSHIトークンを追加しました THORChain対応の取引、KeepKeyおよびShapeShiftネイティブウォレットでネイティブRUNEを保持、送信、および受信する機能。 ルーン取引は、今後数週間でサポートされる予定です。

これらの機能強化により、ShapeShiftは市場で最も完全な分散型製品の1つを提供するようになりました。 ユーザーが複数のDEXをスキャンして、ETHと数千のERC-20トークンを取引できるようにします。 また、ブロックチェーン間で交換して、THORChainを介してネイティブのBTC、LTC、ETH、USDT、およびSUSHIを信頼せずに取引します。すべて、追加の手数料や個人を特定できる情報を提供する必要はありません。

ShapeShiftのユーザーは、複数のDEX間、およびチェーン間でネイティブに取引を選択できます。 また、すべての取引でFOXトークンを獲得し、Rainfallアワードの資格を得ます(誰かがプラットフォームで取引するたびにランダムなShapeShiftユーザーに無料のUSDCが報酬を与えられます)。

「モバイル、ウェブ、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレット、ETH、ネイティブBTCなど、ユーザーが好む方法で取引するためのより多くのオプションをユーザーに提供すると同時に、DEX取引で利用できる最高のインセンティブを提供できることを非常に嬉しく思います。 DeFiエクスペリエンスを1つの使いやすいプラットフォームにまとめています。 今後も機能を追加していきます。」
-‍ShapeShiftの創設者兼CEO、Erik Voorhees

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ