USMSはBitGoに押収された暗号の処理を支援するために450万ドルの契約を授与します

BitGoは、法執行機関が押収された暗号通貨を保持および販売するのを支援するために、米国連邦保安官(USMS)との契約を獲得しました。 USMSはBitGoを450万ドル強で契約しました。

この通知では、基本的な管理に加えて、ネットワークフォーク、エアドロップ、ウォレットの管理の可能性を説明できるプロバイダーを求めていました。 代理店は、BitGoで4,549,672.22ドルの価格でそれを発見しました。 カストディアンは、代理​​店のために押収された暗号を保持し、没収プロセスの技術的側面を支援します。

USMSが契約を締結しました 昨日、ただし、通知には取引の期間は示されていません。 BitGoは、取引についてこれ以上の情報を提供することはできず、USMSは公表に間に合うようにコメントの要求に応じなかったと述べた。

USMSは最初に「仮想通貨管理および処分サービスの全範囲」を提供する暗号会社を探し始めました 昨年の4月。 法執行機関は、その任務の一環として、犯罪捜査から押収された資産を管理します。

これはしばしば、押収されたビットコインを含む資産の公売につながります。 2020年2月には、4,000BTC以上をオークションにかけました。 最も注目すべきは、2014年にシルクロード事件に関連する30,000BTCをシリコンバレーのベンチャーキャピタリストであるティムドレイパーに競売にかけたことです。

関連資料