XRPETPがヨーロッパで3番目に大きい証券取引所に上場される


アイテム画像

Alex Dovbnya

スイス証券取引所は、物議を醸しているXRP暗号通貨に裏打ちされた上場投資信託商品を上場します

ロンドンに本社を置く暗号通貨マネージャーのCoinSharesは、新しいXRP交換資金商品(ETP)の発売を発表しました。

チューリッヒに本拠を置くスイス証券取引所で取引されます。これは、XRPLティッカーの下で、時価総額が1.6兆ドルを超える世界第3位の証券取引所です。

各ユニットは、現在約$ 68の価値がある40のXRPトークンを表します。 XRP ETPの基本料金は、年間1.5%に設定されています。

今年の4月、ヨーロッパ最大の資産運用会社であるCoinSharesも、ライトコイン向けに同様の製品を発売しました。

今年の初めに、同社はビットコインとイーサリアムに裏打ちされたETPも導入しました。

米国の資産運用会社はXRPを捨てました

CoinSharesのXRP製品の発売は、米国証券取引委員会によって関連会社Rippleに対して提起された訴訟のために、複数の米国のマネーマネージャーがトークンを捨てるために移動した後に行われます。

訴訟が発表された翌日、ビットワイズはインデックスファンドからXRPを削除しました。

最大の暗号通貨資産マネージャーであるGrayscaleは、政府機関の行動に応じて1月中旬にXRPの信頼を解消しました。

米国での規制上の問題にもかかわらず、XRPはBinanceやHuobiなどの多数のグローバル取引所で取引を続けており、新しい取引量の記録を打ち立てています。 なので U.Todayによる報告、スイスのリッケはこれまでのところ、#RelistXRP運動に陥った唯一の取引所です。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

Related Posts

2021年に暗号波に乗った有名人

過去数年間の栄光を覆い隠していた暗号エコシステムは、2021年を通して1年間のスポットライトを維持することができました。 主流の採用 ビットコインのBTC)、ミームコイン狂乱 駆動 柴犬(SHIB)とドージコイン(ドージ